MENU

犬のトリミング料金と頻度。安いペットサロンを比較

犬のトリミングをすることで犬の体を清潔に保つことができます。もし、トリミングをしないと犬種によっては被毛が汚れたり毛玉になったりして、雑菌が増える原因にもなります。また、ノミやダニの防止にもなりますので、定期的にトリミングをしてあげましょう。

犬のトリミング

犬のお手入れはグルーミングといって、爪切りや耳掃除、ブラッシング、シャンプー、肛門腺絞りなど全般のお手入れを指します。トリミングは、グルーミング+全身のカットまでを含んでいます。ペットサロンでは、シャンプーコースとトリミングコースのように分かれている事が多いです。

目次

トリミングが必要な犬種は?

トリミングが必要な代表的な犬種を紹介します。

  • トイプードル
  • ミニチュアシュナウザー
  • ポメラニアン
  • アメリカンコッカースパニエル

他に、スコティッシュテリアやワイヤーフォックステリアなどのテリア犬種は定期的なカットが必要です。

逆にチワワや柴犬、フレンチブルドッグ、パグなどは全身カットが少なくてすむ犬種です。

犬のトリミングはいつから?

ペット美容室では、狂犬病ワクチンを注射してから、2~3回混合ワクチンを済ませた犬のトリミングを受け付けています。正確には混合ワクチン接種から2週間以降です。

定期的にワクチン接種の証明書提示をお願いするペット美容室がほとんどですので、初めて利用する際には、忘れず持って行きましょう。

犬のトリミングはどのくらいの頻度・間隔でやる?

トリミングの頻度や間隔は犬種や季節によって変わってきます。例えば、夏はこまめにカットして、冬は少なくする飼い主さんもいます。

一般的には、月に1回か2ヶ月に1回が多いですが、犬の体毛が伸びてきて絡まったり、毛が汚れて臭いが気になるときは早めにトリミングに連れて行ってあげたほうが良いですね。

犬は、肉球の間からも毛が生えてきます。肉球の毛が伸びてきたら滑らないようにトリミングしてあげましょう。

ちなみにPRTIMESの記事によると、トリミングサロンを利用する頻度は、月1回が35.5%で、次に2ヶ月に1回が約30%というアンケート結果でした。

■トリミングサロンを利用する頻度は?  ・月に1回…35.5%(106人)  ・2ヶ月に1回…29.2%(87人)  ・3ヶ月以上・たまに利用する程度…20.4%(61人)  ・4週間に1回…7.0%(21人)  ・3週間に1回…4.4%(13人)  ・2週間に1回…3.5%(10人) 

「セルフカット派?トリミングサロン派?」愛犬のカット事情について飼い主448人にアンケート!

トリミングにかかる時間はどれぐらい?

トリミングの時間は、犬種、デザイン、混雑によってかわりますが2時間から4時間程度になります。

体感的には、平均的には2時間30分程度で、混雑していたら4時間ぐらいはかかる感じです。

バリカンだと早く住みますが、ハサミの丁寧仕上げだと時間がかかりますね。

また、動物病院で健康チェックを一緒にやる場合は、その時間もかかるので余裕を持っておくと良いですよ。

トリミングの料金は平均いくら?

トリミングの料金は「地域、犬種、デザイン」によってバラツキがありますが、一般的なペットサロンだと、小型犬・中型犬で4000円から8000円ほど。大型犬になると10,000円程度が平均的な相場になります。

その他、毛の量が多い場合や、バリカンではなくハサミでカットを頼むと追加料金がかかってくるので、頼むコースや範囲、オプション料金によっても値段は変わってきます。

もし、皮膚病などが見つかった場合は、動物病院で獣医師の診断が必要になるので診察費がかかってきます。

どんなカットスタイルにしている?

犬のカットスタイルは、決めずにトリマーさんにお任せする人も多いです。

ただ、最近はツイッターやインスタ映えするようなカットをする人も増えていて、トイプードルの「テディベアカット」や「ふんわりカット」、ポメラニアンの「柴カット」、チワワの「ライオンカット」、コーギーのお尻カットなど多種多様なデザインカットがあります。

犬のトリミングサロンはどこがおすすめ?

犬のトリミングサロンは、個人経営から大手までかなり細分化されています。

トリミングのデザインにこだわりたい場合は、JKC(社団法人ジャパンケネルクラブ)の認定トリマーやグルーミング大会で成績をあげているトリマーを選ぶのもありですね。

他に、いつも通っている動物病院でトリミングをする人もいます。動物病院の場合は、獣医師がいるのでシニア犬や持病のある犬でも安心して任せることができます。

最近では、カット・シャンプー以外にも、犬の炭酸バスやアロママッサージなど、オプションも色々増えています。

犬のトリミングサロン料金比較

ペテモ(旧イオンペット)のトリミング料金

ペテモは、イオンが運営するペットサロンです。

比較的店舗が多くお買い物ついでにもいけるので便利ですね。

ペテモでは、グルーミング(トリミング)という表記にしています。

Q グルーミングとトリミングの違いは何ですか? A 当社では「トリミング」=「毛を切って整えること」に対し「グルーミング」=「ブラッシングやシャンプー、爪切りなどのお手入れ全般」と呼んでおります。「グルーミング」はお手入れによる健康維持・管理をする役割が大きな特徴となっております。

グルーミング | ペテモ [PETEMO] | イオンペット [AEON PET]

ペテモは、全店で料金は統一されているわけではなく、地域差もあり店舗によって料金が異なっています。

東京のペテモ南砂町ですと「シャンプー、リンス、ブロー、爪切り、耳ケア、肛門腺絞り、足裏バリカン、肛門周りバリカン、足回りカット、目頭カット」のシャンプーコースが下記の値段になります。

犬種料金(税込み)
チワワ(スムース)3,700円(4,070円)
ダックス(スムース)3,700円(4,070円)
チワワ(ロング)4,200円(4,620円)
ダックス(ロング)4,200円(4,620円)
パピヨン4,200円(4,620円)
ヨーキー4,700円(5,170円)
ポメラニアン4,700円(5,170円)
ジャックラッセルテリア4,700円(5,170円)
マルチーズ4,700円(5,170円)
シーズー5,100円(5,610円)
ペキニーズ5,100円(5,610円)
フレンチブルドッグ5,100円(5,610円)
ウエスティ5,600円(6,160円)
キャバリア5,600円(6,160円)
トイプードル5,600円(6,160円)
ミニチュアシュナウザー5,600円(6,160円)
柴犬5,600円(6,160円)
コーギー5,600円(6,160円)
シェルティ6,500円(7,150円)
アメリカンコッカー6,500円(7,150円)
ボーダーコリー7,400円(8,140円)
ラブラドールレトリバー8,400円(9,240円)
ゴールデンレトリバー9,300円(10,230円)
引用:https://www.aeonpet.com/shop/minamisuna/price/index.html

ペテモ公式サイトで、グルーミングをやっている店舗を探せますので、ご参考ください。

カインズホームのペッツワンのトリミング料金

カインズが運営しているペットショップ「ペッツワン エステカーサ」も比較的店舗が多いです。

エステカーサ浦和美園店の場合、

チワワが3,800円(会員価格3,400)より
トイプードルが6,000円(会員価格5,400円)より
柴犬が5,800円(会員価格5,200円)より

といった値段になっています。

カインズカート会員になると料金が10%安くなるので、普段カインズで買い物をしている方は、会員になると割引が使えてお得になりますね。

ペッツワン公式サイトでトリミングをやっている店舗を探せますのでご参考ください。

ペットのコジマのトリミング料金

ペットのコジマもチェーン店では大手ですね。

アリオ北砂店のトリミング料金は、シャンプーコースだと

チワワが3,300円(税込み3,630円)
トイプードルが5,000円(税込み5,500円)
柴犬が6,000円(税込み6,600円)

といった値段になっています。

ペットのコジマ公式サイトでトリミングをやっている店舗を探せますのでご参考ください。

その他のペットサロンを探す場合

上記以外のペットサロンは、下記のエキテンやEPARKなどでも探せますので、お気に入りのペットサロンを探してみてくださいね。

全国のペットサロン・トリミングサロンを探す
https://www.ekiten.jp/cat_trimmingsalon/

EPARK
https://petlife.asia/salon/

ペットホテルはこちらの記事にまとめたのでご参考ください。

外出で犬を預ける施設はどこがいい?

トリミングの流れ

簡単にトリミングの流れと道具を紹介します。自宅でトリミングをする場合にも参考にしてください。

犬のトリミング手順例

STEP
下準備

体に異常が無いかチェックして毛玉をとる。

STEP
シャンプー

顔、お尻、指の間も丁寧に洗う。

STEP
タオルで拭いてからドライヤー

温度に注意して、長毛種はフワフワになるよう毛を乾かす。
丁寧にブラッシングをする。

STEP
カット

コームを入れながら、面と角を意識して慎重にカット。
トリマーが一番神経を使う場面。

STEP
仕上げ

足裏のムダ毛を取り除き、耳そうじ、ひげカット。

トリミングに必要な道具例

トリミングテーブル

トリミングテーブルには固定式と、360度回転するポータブル式があります。犬にヌーズ(首つり紐)をかけて暴れないようにします。道具を置くサイドテーブルがセットになったものや、電気コンセントが付いているものが便利です。

ブラシ

ブラシには金属針を植えこんだタイプ、獣毛や植物製、静電気防止をしたナイロン、プラスチック製があります。

長方形をしたスリッカーブラシは元々、織物の糸くずを除去するために発明されたものですが、犬の毛玉をとるのに役立つため、転用されるようになりました。皮膚に直接当たらないよう気をつけて使用してください。

ナイフ

ナイフはテリアのプラッキングで使います。プラッキングとは被毛を抜く技術です。犬が慣れるまでは痛がる場合もありますので、トリミング初心者はペット美容室に依頼すると間違いないでしょう。

ドライヤー

ドライヤーには1000W前後の固定式ドライヤーとハンドドライヤーがあります。シャンプー後に乾かす時は固定式、ヘアーセットにはハンド式が便利です。

よかったらシェアをお願いします
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる