MENU

冬の栄養満点!春菊レシピ。イタリア風オープンオムレツ(フリッタータ)

12月、いよいよ冬本番の到来です。旬の野菜「春菊」の料理はいかがでしょうか?

春菊のβ-カロテンの含有量は、葉物野菜のなかではトップクラス。栄養価が高いとされる小松菜やほうれんそうより多いです。(春菊100gあたりのβ-カロテン量:4500μg/小松菜:3100μg/ほうれんそう:4200μg)

また、春菊特有の香りのもとである精油成分には、リラックス効果があり、食べすぎ飲みすぎで疲れているときにも◎です。

春菊

春菊の独特の香りにはリラックス効果があり、栄養満点な野菜です。冬の洋風ディナーなどにもぴったりの「春菊のフリッタータ(イタリア風オープンオムレツ)」のレシピをご紹介します。

春菊は、キク科の植物で、春になると菊に似た黄色い花を咲かせるところから「春菊」と呼ばれます。旬は、11月から3月頃で、冬の代表的な緑黄色野菜として、鍋ものやおひたし、天ぷらなどに使われます。独特の香りが好まれ、関西では「菊菜」の呼び名で親しまれています。アク成分のシュウ酸が少ないので、下ゆでをする手間がなく、栄養素の損失を抑えられるメリットがあります。

目次

春菊のフリッタータ(イタリア風オープンオムレツ)のレシピ

「フリッタータ」とは、野菜、肉、チーズなどをたっぷり入れたイタリア風のオープンオムレツです。フライパンの丸い形を生かして、しっかりと焼き上げるのが特徴。黄色、緑、赤のカラフルなクリスマスカラーが華やかで、冷めてもおいしいので、持ち寄りパーティに持参しても喜ばれます。

フリッタータ

卵とチーズの良質なたんぱく質とカルシウム、春菊とトマトのビタミン・ミネラル、舞茸の食物繊維が一緒にとれる栄養バランスの良い一品です。

材料
直径18㎝のフライパン1台/2人分・1人分419kcal/調理時間約15分

卵      4コ
春菊     1/2袋(100g)
舞茸     1/2パック(50g)
玉ねぎ    1/4個
ミニトマト  4個
ベーコン   2枚(40g)
粉チーズ   大さじ2
塩こしょう  少々
オリーブ油  大さじ1と1/2

春菊のフリッタータ(イタリア風オープンオムレツ)の作り方

STEP
野菜をカット

春菊は5mmのざく切り、舞茸は粗めに刻む、玉ねぎは薄くスライス、ミニトマトとベーコンは1㎝角に切る

ゆでたじゃがいも、ブロッコリー、ほうれんそう、アボカド、スモークサーモンなど、お好みの具材で、いろいろな味が楽しめます。
STEP
炒める

フライパンにオリーブ油大さじ1/2を入れ、中火にかけて、ベーコン、玉ネギ、舞茸を炒める。しんなりしてきたら、春菊を加えてさっと炒める

STEP
混ぜる

ボウルに卵を割りほぐし、(2)とミニトマト、粉チーズ、塩こしょう少々を加えて、まぜ合わせる

炒めた具材は粗熱が取れてから、卵液とまぜ合わせて下さい。
STEP
焼く

フライパンにオリーブ油大さじ1を入れ、中火にかけて、(3)を流し入れ、菜ばしで全体をかき混ぜる。卵が半熟状になったら、ふたをして、弱火で5分ほど焼き、表面が固まってきたら、裏返して、ふたたび3分ほど焼く。

もし、小さめのフライパンが無ければ、卵焼き器で四角に焼いても。または、油を塗った耐熱容器に流し入れ、200℃のオーブンで20分ほど焼きます。

フライパンに生地を入れたら、菜ばしで大きくかき混ぜて下さい。
かき混ぜずに焼くと、中心に火が通る前に表面が焦げてしまうので気をつけて下さい。
STEP
盛り付ける

お好みの大きさに切って、器に盛りつける

よかったらシェアをお願いします

文章の著者(取材者)プロフィール

生活大百科のメディア編集部です。

数名で生活や暮らしの中で役に立つことなど、ちょっとしたTIPSやHOWTOをまとめています。

撮影情報:なし/撮影協力:なし

目次
閉じる