イクメンプロジェクト

イクメンプロジェクトへ賛同し、イクメン企業宣言をしました。

弊社は、厚生労働省のイクメンプロジェクトのビジョンに賛同し、イクメン企業宣言をいたしました。

 

日本の男性が家事や育児をすることは、先進国ないでは最低水準になってしまい、日本の企業の就業継続に悪影響を及ぼしています。

 

厚生労働省が掲げている2025年までに、男性の育児休業取得率を30%までにあげるなどの目標に賛同し、弊社もワークライフバランスの実現を目指します。

 

イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。

または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。
イクメンがもっと多くなれば、妻である女性の生き方が、子どもたちの可能性が、家族のあり方が大きく変わっていくはず。
そして社会全体も、もっと豊かに成長していくはずです。イクメンプロジェクトは、そんなビジョンを掲げて発足しました。
今、育児にもっと関わりたいという男性が多くなっています。また、制度改正により男性も育児休業が取りやすくなりました。
このような環境づくりに、社会全体で、より積極的に取り組んでいくため、プロジェクトを推進していきます。

 

https://ikumen-project.mhlw.go.jp/

 

 

令和4年の4月1日から育児・介護休業法が改正されます。

 

現行

(育児休業の場合)

  • (1)引き続き雇用された期間が1年以上
  • (2)1歳6か月までの間に契約が満了することが明らかでない

 

令和4年4月1日〜

  • (1)の要件を撤廃し、(2)のみに
  • ※無期雇用労働者と同様の取り扱い
  • (引き続き雇用された期間が1年未満の労働者は労使協定の締結により除外可)
  • ※※育児休業給付についても同様に緩和
page top