熱中症予防声かけプロジェクトへの取り組み

熱中症予防声かけプロジェクトへの取り組み

株式会社きのでは、社員の安全を守るため、社会へ貢献するために少しでもお役に立てればと思い、熱中症予防声掛けプロジェクトへ賛同いたしました。

 

熱中症予防声かけプロジェクトへの取り組み

 

5つの声がけ

  1. 暑さに敏感になりましょう。からだで感じる暑さと実際の気温は異なることがあります。
  2. 熱中症予防には水分補給が肝心です。いつでもどこでも水分補給ができるように、飲み物を持ち歩きましょう。
  3. 夏に頑張りすぎは禁物です。疲れてる時は熱中症にかかりやすいので、休息をとるようにしましょう。
  4. きちんと食事をとることも熱中症予防になります。
  5. 体力がないお年寄りや子どもは、熱中症にかかりやすいです。

 

熱中症予防 声かけプロジェクトとは

本の夏に、ひと涼みを。

今年もまた、暑い夏がやってきます。熱中症にかかる人をなくすために、「ひと涼み」という日本らしい習慣を世の中に広げていくプロジェクトをはじめました。
熱中症は、水分をとること、部屋を涼しくすること、休息をとること、栄養を取ることで防ぐことができます。
「ちょっと、ひと涼みしませんか」と声をかけあうゆとりと気遣いをもつことが、熱中症から人の命を救うことになります。
人が人に、企業が人に、さまざまな形で「ひと涼み」を呼びかけたり、提供したりしていく。みんなのコミュニケーションによって「ひと涼み」の輪を社会全体にひろげていく。
そうすることで、熱中症を予防するだけでなく、だれもが風情のある豊かな夏を過ごせるようにと願っています。「ひと涼み」で、日本の夏をいい夏に。 熱中症を予防する、声かけプロジェクトはじめました。

 

page top