東京 登記簿謄本 取得

急ぎ!登記簿謄本を東京で取得できる場所はどこ?

会社の登記簿謄本(登記事項証明書/履歴事項全部証明書)は、会社経営をしていると、突然必要になることがありますよね。

 

例えば、不動産屋にいって、会社の社宅を契約するときには、法人の登記事項証明書が必要になります。

 

ちなみに、登記事項証明書は、自分の会社のものでも、他人の会社のものでも取得OK。

 

法人での賃貸契約時、大きめの不動産屋だと、勝手に審査用に法人の登記事項証明書を取得してだしてくれるところもあります。

 

あと、登記簿謄本/登記事項証明書/履歴事項全部証明書と言い回しがややこしいですね・・・。

 

登記事項証明書(登記簿謄本)を東京都内で取得する方法

法務局へ行って窓口で申請・取得

混雑しているので時間がかかり、法務局までの交通費や労力も必要になります。

申請時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
手数料 600円+交通費

登記事項証明書(登記簿謄本を東京で申請・取得できる場所(商業・法人登記、電子認証)

引用:東京法務局 取扱事務一覧表(商業・法人登記、電子認証):東京法務局

 

登記事項証明書(登記簿謄本)をオンライン申請で取得

オンラインで利用登録をして申請・取得をする方法です。

 

手数料が窓口よりも少し安く、混雑を避けられるので今はオンラインの申請・取得が多いです。

申請時間 平日の午前8時30分から午後9時まで
手数料 郵送500円、窓口受取480円

 

※手数料は、電子証明書は不要で、ネットバンキングやpay-easyから納付OK

 

オンライン申請する場合は、まず登記・供託オンライン申請システム 登記ねっと 供託ねっとで申請者情報を登録して申請します。

 

土地・建物,会社・法人の登記事項証明書や会社・法人の印鑑証明書については,登記所又は法務局証明サービスセンターの窓口での交付請求のほか,郵送による交付請求や,ご自宅・会社等のパソコンからインターネットを利用してオンラインによる交付請求を行うことができます。請求された証明書は,ご自宅・会社等への郵送のほか,最寄りの登記所や法務局証明サービスセンターでもお受け取りいただくことができます。

法務局・オンラインの手続きについてもご参考ください。

登記事項証明書(登記簿謄本)をグラファー(Graffer)で申請・取得

何回か利用しましたが、このサービスは便利です。

 

PDFでもダウンロードできるので、保存もしやすいのと、クレジットカード払いが使えるので経費の精算が楽になります。

 

ただ、PDF化したり、登記情報を即日みたい場合は、手数料は高めになります。

申請時間 平日・休日24時間申請OK
手数料

(郵送)1,078円〜/通(税込)
(PDFダウンロード)1,298円〜/通(税込)
(特急PDFダウンロード)1,408円/通(税込)
※クレジットカード払いOK

 

登録して申請するとこんな感じで取得できます。

急ぎ!登記簿謄本を東京で取得できる場所はどこ?

 

スマホ・パソコンで2021/8/1 22:55申請して、、8月2日(月)にはダウンロードできました。

 

グラファーはこちら

 

登記事項証明書と登記簿謄本どっっちが正しい?

古い世代の人や不動産関係の人は、「謄本」と呼ぶことが多いですね。

 

区役所に行って、登記事項証明書を発行する機械を見るとわかるのですが、登記簿謄本という言葉はでてきません。

 

これは、登記簿謄本という呼び方が、法務局にある紙媒体の登記簿の写しという意味を指しているためで、電子データになっているものは、「登記事項証明書」と呼ばれているそうです。

 

不動産屋と契約するときには、履歴事項全部証明書の提出などと書かれていることもあって、言い回しに迷いますが全部同じ意味です。

 

登記事項証明書(登記簿謄本)が必要になる場面

会社で社宅として家を賃貸したり、株取引で法人口座を開設するとき、補助金の申請、融資を受ける場合、登記の変更などで必要になります。

 

全部事項証明書と現在事項証明書の違い

法務局に行って、登記事項証明書を取得するときに、全部事項証明書と現在事項証明書のどちらを取得するか選びますが、違いは下記の通りです。

全部事項証明書

登記記録のすべての事項が記載されている
(過去の所有者や抵当権も記載)

 

現在事項証明書

現在の権利状況のみが記載されている

 

一部事項証明書

登記記録の一部が記載されている

 

閉鎖事項証明書

土地の合筆(二筆以上の隣接する異なった土地を1つの土地として、法的に合体させること。筆は地番を表す)や建物の滅失などが記載されている。

 

会社経営で必要な登記事項証明書は、全部事項証明書を選んでおけば間違いありません。

 

page top