野菜サポーター宣言

野菜サポーター宣言

弊社では、農林水産省の野菜消費拡大促進「野菜を食べようプロジェクト」に賛同いたします。

 

野菜サポーター宣言

 

株式会社きのが取り組むこと

株式会社きのでは、弊社が運営する生活に関するお役立ちサイト「生活大百科」の料理コーナーに、管理栄養士・料理ライター「山田 由紀子さん」に御協力いただき、お手頃な旬の野菜を使ったメニューのレシピを掲載いたしました。

 

これからも、継続的に生活大百科にてお手頃な旬の野菜を使ったレシピを掲載し、旬の野菜の消費拡大のPRに協力できればと考えております。

 

また、フードテック「食のフード」(Food)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語」についても取り組み、食の持つ可能性を広げていくことを目標としております。

 

お手頃な旬の野菜「大根」を使ったレシピ

冬野菜の大根と鶏肉の甘酒煮レシピ


野菜サポーター宣言

 

生活大百科のレシピ詳細はこちら>>

 

お手頃な旬の野菜「春菊」を使ったレシピ

イタリア風オープンオムレツ


野菜サポーター宣言

 

生活大百科のレシピ詳細はこちら>>

 

野菜を食べようプロジェクトについて

野菜は出荷量が増加している時期、お手頃な価格になります。その一方で、1日当たりの野菜摂取量は平均280グラム程度であり、摂取目標量(350グラム)を大きく下回っている状況です。

 

そこで、農林水産省では、野菜の消費拡大を推進するため、「野菜を食べようプロジェクト」を実施しています。

 

野菜はビタミンやミネラル、食物繊維、機能性成分が豊富に含まれています。野菜がお手頃な価格となっている時期や、特に栄養価の高い旬の野菜をもっと食べて毎日を元気に過ごしましょう。

 

参考:https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai/2ibent.html

 

page top